あるシステム屋の気になるニュース

Tag: MOSS

8コアCPUと「確かに“読めてしまう”」現象

by drmg on 2009/05/24 0:17:06, under パソコン

8コアが発表されようですねぇ。

「Intel、近日中に8コアのハイエンドCPUを発表か - GIGAZINE」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090522_intel_8_core/

個人で使う事を想定すると4コアでもCPUが振り切れるような使い方はあまりないのに、その倍の8コア。

まさに「オタクコア」だな・・・

ちなみに、うちの検証環境はML110 G5にクアッドコア インテル Xeon X3350(2.66GHz , 12MB L2 , 1333MHz FSB)を乗せて、次の4つのOSを同時に動かす事を頻繁に行っているのですが、CPUが振り切れる事はほとんどなく快適に動作しています。
※ライセンスは、TechNet Plus サブスクリプションを利用。

  • Active Directory、Hyper-Vが動いている親OSが一つ。
  • MOSSを使うため、Active Directory、SharePoint、IIS、SQL Serverが動いている仮想OSが一つ。
  • 運用管理系のSystem Center Data Protection Manager、SQL Serverが動いている仮想OSが一つ。
  • 開発用途に応じて環境を整えた仮想OSが一つ。

こういった環境で極力ボトルネックが発生しないよう意識ているポイントは、次の3点。

  • 優先事項として必要なメモリを確保しスワップを発生させない事。
  • 次点として各仮想OSに最低2コア割り当てること。
  • 極力、ディスク速度が速い環境を用意する事。

この様に、極力ボトルネックが発生しないように考慮した上で動かしてた場合でもCPUが振り切れる事を見た事がありません。

このように4コアでも使い潰す事が難しいのですが8コアを一人で使い倒す方法を考えると、まさに「"オタク"コア」の名前が適しているなぁと考えつつ・・・よくよく読み直してみると、「"オクタ"コア」だったのですね・・・orz

 

こっ これは・・・ちょっとまえに話題になっていた、最初と最後の文字が一致していれば読めてしまうという「確かに"読めてしまう"コピペ」と同じ現象ですな。。

「ねとらぼ:確かに"読めてしまう"コピペに2ch住人が「人間すげー」と驚く - ITmedia News」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/08/news021.html

「痛ニュー速報!: 【ネット】確かに"読めてしまう"コピペに2ch住人が「人間すげー」と驚く」
http://itainewssokuhou.seesaa.net/article/118892135.html

↓元ネタ(Web 魚拓に残っていました。)

「(cache) 【ネット】「ウィキペディアが与える影響を調べるため」学生がもっともらしい嘘の書き込み 多数の欧米大手紙がだまされて引用」
http://s04.megalodon.jp/2009-0509-0105-54/tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1241732267/

2 :名無しさん@九周年:2009/05/08(金) 06:37:59 ID:k90ZSaDR0
こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく

↑なんとなく読めてしまうのですが、慎重に読むとめちゃくちゃな単語です。

116 :名無しさん@九周年:2009/05/08(金) 07:08:05 ID:GXPr3tr00
>>2
英語で研究結果の報道があったのは2003年だったね。
全世界のネット上で大きく話題になった。

Aoccdrnig to a rscheearch at Cmabrigde Uinervtisy, it
deosn’t mttaer in waht oredr the ltteers in a wrod are, the
olny iprmoetnt tihng is taht the frist and lsat ltteer be at
the rghit pclae. The rset can be a toatl mses and you can
sitll raed it wouthit porbelm. Tihs is bcuseae the huamn
mnid deos not raed ervey lteter by istlef, but the wrod as
a wlohe.

882 :116:2009/05/08(金) 10:01:58 ID:xo2UBNUD0
一応ケンブリッジ大研究者のページのリンクを紹介しとく。
他のヨーロッパ言語の例も載ってる。
でもこれはこの研究者がこの件について解説・検証しようとしているページだからね、念のため。
ttp://www.mrc-cbu.cam.ac.uk/people/matt.davis/Cmabrigde/

 

そうです、人間そのように出来ているので「オクタコア」を「オタクコア」と読んでしまうのは、きっと自然な事なのです。

 

921 :2:2009/05/08(金) 10:14:42 ID:gnyzdpNg0
>>2に騙されている奴が多い様だが
ケンブリッジ大学にそんな研究結果はない
もっともらしい嘘に騙されている点ではお前らも変わらん

958 :882:2009/05/08(金) 10:28:18 ID:xo2UBNUD0

すまん、これはケンブリッジ大の研究結果ではない
なぜかそういうことになってメールが世界中を駆けめぐってしまった
ということらしい

 

え"っ?「ケンブリッジ大」はねつ造・・・orz

関連する投稿

1 Comment :, , , , , , , , more...

SharePoint Server 2010やPerformance Pointの統合は?

by drmg on 2009/05/20 3:15:00, under SharePoint

まずは、最近気になっているSharePoint Server 2010に関する情報を収集してみます。

現在、Microsoft Office SharePoint Server 2007(MOSS2007)を使っておりチーム内での情報共有・整理に非常に重宝しているんですよね。

MOSSは、あくまでパッケージなのである程度決められた型通りに使う必要はあるのですが、イメージした情報共有サイトを短時間(極簡単なサイトなら数分)で作成できかなり重宝しています。

ただパッケージなりに妥協する部分も多くあるので、その辺りがさらに柔軟になればと次期バージョンには、かなりの期待を持って気になっている所です。

 

文章として公開されたのは、Microsoft SharePoint Team Blogが、一番はじめですかね。

「Microsoft SharePoint Team Blog : Microsoft SharePoint "14" is now Microsoft SharePoint 2010」
http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2009/04/14/microsoft-sharepoint-14-is-now-microsoft-sharepoint-2010.aspx

(14日のブログで公開は、何か意識しての事でしょうかね。あれ13は?ゲン担ぎ?)

 

私が↓の辺りでMOSS2010の話を知りました。

「SharePoint MANIACS::SharePoint Server 2010 が発表されましたね」
http://sharepoint.boo.jp/index.php?e=286

「【PC Watch】 Microsoft、「Office 2010」を2010年上半期より提供」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090416_125526.html

Office 2010には、Office Web アプリケーション、SharePoint Server 2010、Visio 2010、Project 2010などが含まれている。2009年第3四半期にテクニカルプレビューを提供し、2010年上半期に製品化する。

Office 2010では、PCだけでなく、携帯電話などのデバイスにおいても、馴染みやすいインターフェイスを提供することで、ユーザーがいる場所を問わず、会社で共有されている情報にアクセスできるという。

 

ぼちぼち情報が、出始めているようです。

「Microsoft SharePoint Team Blog : Announcing SharePoint Server 2010 Preliminary System Requirements」
http://blogs.msdn.com/sharepoint/archive/2009/05/07/announcing-sharepoint-server-2010-preliminary-system-requirements.aspx

1. SharePoint Server 2010 will be 64-bit only.
2. SharePoint Server 2010 will require 64-bit Windows Server 2008 or 64-bit Windows Server 2008 R2.
3. SharePoint Server 2010 will require 64-bit SQL Server 2008 or 64-bit SQL Server 2005.

64bit前提??? さいわいうちのML110 G5に突っ込む事はできそうです。。

 

Grrove 2010もSharePointに深く関わってくるようですねぇ。

「SharePoint MANIACS::Grrove2010 → SharePoint Workspace」
http://sharepoint.boo.jp/index.php?e=299

「All the Groovey news that fits : Makeover for Groove: SharePoint Workspace 2010!」
http://blogs.msdn.com/groove_development_team/archive/2009/05/13/makeover-for-groove-sharepoint-workspace-2010.aspx

 

そういえばPerformance Point がSharePointに統合されるという噂がありましたが、つい最近でたSP2には含まれていませんでしたねぇ~

で、つでに調べてみた所、どうやら2009年中頃に出るようです。

「Microsoft Office : Microsoft Business Intelligence 製品戦略の変更について」
http://www.microsoft.com/japan/office/2007/performancepoint/info.mspx

2009年 4月 1日より、PerformancePoint Server 2007 はマイクロソフトの製品価格リストにおける独立項目としては扱われなくなりますが、その後は、ソフトウェア アシュアランス契約のもと SharePoint Server 2007 Enterprise ライセンスをご購入いただくことで、PerformancePoint を入手いただけます。将来的にはモニタリング機能や分析機能が SharePoint Server の次期リリースに含まれ、SharePoint Server Enterprise をご購入のお客様に提供する予定です。PerformancePoint Server SP3 の権利をお持ちのお客様は、2009年の中頃に、SP3 をダウンロード入手いただけます。パフォーマンス マネジメント機能は BI に欠かせぬコンポーネントであることから、マイクロソフトは将来の製品リリースにおいても、この分野のマーケティングや研究開発への投資を継続する方針です。

ん? ソフトウェアアシュアランス必須なのか・・・?

Performance Pointも気軽に使えるようになるのであれば、すこぶる使ってみたいので是非とも妙な縛りを付けずにリリースして欲しい物です。

 

他にもLiveサービス関係でのSharePointの動きもあるりそうですし、今年・来年あたりはSharePointの動向を追いかけると面白そうだなぁ。

関連する投稿

Leave a Comment :, , , more...

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

blog chart