あるシステム屋の気になるニュース
 Page 1 of 2  1  2 »

Tag: Live Search

Naverβサービス公開:日本で3位を目指すならBingがベータ版のうちが勝負ですね

by drmg on 2009/07/03 3:24:29, under Naver

日本向けNaverβサービスが始まったようですね。

この検索エンジンの売りは、やはり"NAVERまとめ"ですね。

この"NAVERまとめ"は、いわゆるソーシャルブックマークっぽい物なのですが、そのソーシャルブックマークに考えられる機能をテンコ盛りにした感じです。

そのブックマークが一般的なリンク集だったり、画像・動画集だったり、それらに対してフリートークを行えたり、さらには評価情報を加えられたり、ブックマークされているジャンルの集計が表示されたり、作ったブックマークに他の人がブックマークを追加したり、そこからコミュニケーションが始まったりと、ま~テンコ盛りです。

 

検索結果に、それらの"Naverまとめ"が表示されたりもするので思わぬところで、良質のリンク集が見つかったりもします。

機械的な検索エンジンが苦手としている画像・動画の検索なんかは、これらの人力まとめが上手く働けば、すごい事になるかもしれませんね。

 

Naverに関するニュース(2009年7月1日)

 

「韓国 No.1 検索ポータル「NAVER」が日本市場でサービスを開始 - japan.internet.com Webビジネス」

http://japan.internet.com/busnews/20090701/8.html

ネイバージャパン株式会社は2009年7月1日、6月15日より一部ユーザーに先行で公開していたインターネット検索サービス「NAVER(ネイバー)」の、オープンβサービス(一般公開版)を開始した。

 

「検索「NAVER」が日本再上陸 "人力まとめ"で「検索を次のステージに」 - ITmedia News」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0907/01/news106.html

「システム型アプローチと人的なアプローチを組み合わせて、サーチコミュニケーションプラットフォームを提供する」と、同サービスを運営するネイバージャパンの親会社・NHN Japanの森川亮社長は話す。

 

「検索サービス「NAVER」が一般公開。国内シェア3位を目指す -BB Watch」

http://bb.watch.impress.co.jp/docs/news/20090701_298876.html

「NAVER」では、韓国NHN Corporationの「NAVER.com」が提供する検索サービスとは異なる、日本向けに独自開発したエンジンを採用する検索サービス。オープンβ 版公開に先立って、約5000名の先行体験ユーザーなどを対象にしたクローズドβサービスを6月15日から開始していた。

 

「NAVER、検索サービスを一般公開:マーケティング - CNET Japan」

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20395941,00.htm

ネイバージャパンは6月15日より、参加者限定のクローズドベータ版を公開してきた。想定以上の評価、および改善提案を得ることができたことから、7月1日をもって一般公開サービスに移行したという。

 

「検索サイト:「ネイバー」 日本でサービス開始 - 毎日jp(毎日新聞)」

http://mainichi.jp/life/electronics/news/20090701mog00m100057000c.html

「探しあう検索」をテーマに、従来のキーワード検索に、条件を指定して検索する「テーマ検索」、利用者が気になる情報をまとめたコーナーなどを加え、探したい情報に接しやすくする。日本の検索サイトシェアで、ヤフー!、グーグルに次ぐ3位を目指している。

 

「週刊アスキーWeb / 週アスブログ: 復活したNAVERの楽しい2つの機能」

http://weekly.ascii.jp/2009/07/naver2.html

実際に使ってみると、GoogleやYahoo!といった従来の検索エンジンとはかなり違うサービスであることがわかります。
そこでいくつかある機能のなかから、今までにない新しい体験が味わえる特徴的な機能を2つピックアップしてみました。詳細は以下。

 

「"ユーザ参加型"検索サービスNAVER、一般公開を開始 ~ キーワード、クチコミ、テーマでの検索に加え「Myまとめ」機能も:RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト) 2009/07/01」

http://www.rbbtoday.com/news/20090701/60956.html

NAVER(www.naver.com)は韓国NHNが提供する検索サービス。検索シェア世界第5位(米comScore調べ)、韓国国内では訪問者数1,700万人/日、10億ページビュー/日を記録している。

 

 

これからが楽しみな検索エンジンであります。

しかし3位を目指すという事は、当面はBingがライバルなのですね~。

米国Bingが好調な事を考えると、日本語版Bingがベータ版(中身がLive Search程度の物)のうちが勝負どころですね。

もしかして、ここの所のNaverの速い流れは公開を急いだ結果なのかも・・・?

関連する投稿

Leave a Comment :, , more...

Bing公開:新機能を試すなら米国版がおススメ

by drmg on 2009/06/02 1:25:02, under Bing

6月3日に公開と発表されていたBing(旧Live Search)が既にアクセスできるようです。

「Bing」
http://www.bing.com/

http://www.bing.jp/は、http://www.bing.com/?cc=jpへリダイレクトされました。

 

「Microsoftの検索エンジン「Bing」、プレビュー版公開 - ITmedia News」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/01/news074.html

同社はBingのβ版を6月3日に公開すると発表していたが、http://www.bing.com/には既にアクセスできる状態になっている。日本語での検索にも一部対応しているようだ。

「Microsoftの新検索ブランド「Bing」ついに登場-Google対抗キャンペーン展開 - Enterprise Watch」
http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/series/infostand/20090601_211969.html

Microsoftの検索の刷新は、2006年にLive Searchを発表して以来で、今回、「検索」(Search)ではなく「意思決定」(Decision)という言葉を使うことで、差別化を図っている。

 

Bing 日本語版

日本語にも対応している様ですが、アナウンス通りBetaと記載されていますね。

Bing 米国版

米国サイトは、previewと記載されており、日本語サイトよりも機能が多い事が確認できます。

 

Bing日本語版はBeta版で機能制限されているためか、これまでの検索と大きな変化は感じられません。

試してみるなら、Bing米国版をおススメします。

 

検索エンジンを乗り換える程、便利な機能かは分かりませんが、検索結果の画面はちょこちょこと小技が効いていて面白そうです。

説明を書いていると長くなるので、私が興味深いと感じた点を赤枠で囲っておきます。

■Web検索結果

Best matchは、単にSEO的に一位の物なのか気になる所です。

■Shoppingの検索結果

Bing cashbackは割引でもしてくれるのですかね。

■価格の比較結果

価格.com等の価格比較サイトの競合になりそうですね。。

■レビュー比較

■Bing Tour Page

 

なにやら色々機能があるようですが、今のところ検索エンジン乗り換えに繋がるほど決定的な何かは感じる物はありませんねぇ。

これらの機能が複合的に働いて、「意思決定」に役立つと感じる機会が増えてくれば、じわじわとボディーブローの様に効いてくる事もあるかもしれないなぁ~とは感じています。

 

ま~ たまに覗いてみると、なにか発見があるかも知れませんね。

関連する投稿

Leave a Comment :, , more...

SharePointとBing(旧Live Search)の連携計画。 是非SharePoint 2010で実装して欲しいですねぇ。

by drmg on 2009/05/31 1:00:00, under SharePoint

Bing関連で記事を漁っていると、次の記事が目に止まりました。

「「Bing」の国内展開は独自の"味付け"を――MSの浅川氏 - ITmedia エンタープライズ」
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0905/29/news071.html

Bingの今後の展開では、当面サイト上の機能拡張に注力するが、Microsoft製品群との連携も計画。例えばSharePoint Serverとの連係では、オフィスドキュメントの検索とWeb検索を一元化する。「Bingでは構造化データ、非構造化データを統合できる」

 

おおお、SharePoint2010あたりで実装されるのでしょうか? いや是非実装してリリースして欲しい機能です。

一つ前の記事で書いたばかりですが、SharePointとインターネット上のサービスとのマッシュアップ的なものが進めば、強力な差別化になるでしょう。(Bingに魅力が無ければ、それまでですが・・・)

「次世代検索サービスBingとは? MSNとかEnterprise Searchとかデスクトップサーチとか・・・ | あるシステム屋の気になるニュース」
http://news.drmg.net/archives/live_search_bing.html

手な希望を言わせて貰うと、将来的にBingとSharePointのマッシュアップ的な何かが提供されると面白そうだな~と感じます。

 

ま~今の時点ではBingサイト上の機能拡張に注力するといっている点と、SharePointとの連携は計画段階のようなので、流石に来年のリリースで期待するのは、気が早いと思っていますが・・・

関連する投稿

1 Comment :, , , more...

 Page 1 of 2  1  2 »

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

blog chart